オルフィナの修理、オーバーホール例 実際に手がけた修理例を掲載しています。 詳しくは、修理無料見積依頼フォームよりお問合せください。

オルフィナ ポルシェデザイン クロノグラフ(Cal.レマニア5100)
(購入後使用年数:中古で購入後1ヶ月、前回手入れ時期:不明)

症状

カレンダーが完全に変わりきらない、ガラスの内側がうっすら白っぽく汚れている、入手後、日差プラス10秒ほど、その他の機能は快調です。

orfinapda

orfinapdb

orfinapdc

原因と修理方針

ムーブメントの油切れや、パーツの磨耗が見られました。 また、ゼンマイのトルクが弱かったので交換しました。

更に、受付時防水テストがNGのため裏蓋を開けてみましたところ、左写真のようにパッキンが劣化し、とろけて弾力を失っておりました。

オーバーホールの際、裏蓋のパッキンは交換いたしますが、20~30年ほど前のモデルのため、リューズ、プッシュボタンの内部のパッキンも劣化している可能性が考えられます。

防水テストは10気圧でなく5気圧で実施しました。 古いモデルですので生活防水程度とご理解のうえご使用ください。

修理料金

オーバーホール ¥40,000
内装パーツ(ぜんまい他) ¥5,500

合計¥45,500

オルフィナ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら

オルフィナ ポルシェデザイン クロノグラフ(Cal.レマニア5100)
(購入後使用年数:中古で購入後9年、前回手入れ時期:不明)

症状

リューズが破損していて巻きあげできません。

orfinapda

orfinapdb

orfinapdc

orfinapdc

原因と修理方針



中古でご購入から9年以上が経過し、現在リューズ破損しているとの事ですが、 拝見したところやはり再度使用できる状態では無いため、代替のリューズになります。

リューズに関しましては純正は入手できないため、 当社ではSinn156B用のリューズを代用として使用しています。

オリジナルにはこだわらず、何か合うもので有れば良いという方向けになります。 それに必要に応じて黒クロームメッキを外注でかけて使用してます。
*左の写真のようなリューズになります。

また、ムーブメントの油切れやパーツの磨耗により テンプの振り角が100度以下などコンディションの低下が見られました。

非防水になりますので、汗、水には十分ご注意ください。

修理料金

オーバーホール ¥40,000
内装パーツ(クロノグラフランナー) ¥15,000
新品リューズ  ¥9,000
リューズ黒クロームメッキ  ¥2,000

合計¥66,000

オルフィナ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら

オルフィナ ポルシェデザイン クロノグラフ(Cal.レマニア5100)
(購入後使用年数:0年(ほぼ未使用)、前回手入れ時期:はじめて)

症状

ほとんど未使用ですが、今後常用するつもりのため、一度オーバーホールをしておきたい。

orfinaPDb

orfinaPDa

原因と修理方針

ムーブメントを拝見したところ、パーツの破損等はございませんでしたが、やはり油切れからくる、手巻き時にローターがブルンブルンと回ってしまう症状が見受けられました。


修理料金

オーバーホール ¥40,000
パッキン   ¥500

合計¥40,500

オルフィナ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら
 
Chronoagent.com 2006-2013 - All Rights Reserved